大型二輪免許取得奮闘記 目次 

 2009-07-17
適性検査 平成21年6月20日(土) 14:40~

技能教習1段階1時限目 平成21年6月22日(月) 17:40~

技能教習1段階2時限目 平成21年6月22日(月) 18:40~

技能教習1段階3時限目 平成21年6月24日(水) 18:40~

技能教習1段階4時限目 平成21年6月25日(木) 18:40~

技能教習1段階5時限目 平成21年6月26日(金) 18:40~

技能教習1段階6時限目 平成21年6月27日(土) 16:40~

技能教習1段階7時限目 平成21年6月29日(月) 15:40~

技能教習1段階8時限目 平成21年6月29日(月) 16:40~

技能教習1段階9時限目 平成21年6月30日(火) 18:40~

技能教習2段階1時限目 平成21年7月1日(水) 18:40~

技能教習2段階2時限目 平成21年7月2日(木) 17:40~

技能教習2段階3時限目 平成21年7月3日(金) 9:40~

技能教習2段階4時限目 平成21年7月3日(金) 10:40~

技能教習2段階5時限目 平成21年7月4日(土) 14:40~

技能教習2段階6時限目 平成21年7月6日(月) 17:40~

技能教習2段階7時限目 平成21年7月8日(水) 16:40~

技能教習2段階8時限目 平成21年7月9日(木) 18:40~

技能教習2段階9時限目 平成21年7月12日(日) 10:40~

技能教習2段階10時限目 平成21年7月12日(日) 11:40~

技能教習2段階11時限目 平成21年7月14日(火) 17:40~

卒業検定 平成21年7月15日(水) 9:30~ 

免許証交付 平成21年7月16日(木) 8:30~
スポンサーサイト

免許証交付

 2009-07-16
《平成21年7月16日(木) 8:30~》 免許証交付 運転免許センター 曇り

 休みをもらって、早速運転免許センターへ。8:30過ぎに到着。免許更新の人達が平日なのにたくさん来ている。自車校から聞いた手順で受付を済ませた。申請手数料証紙代は\2,000.-(視力検査があったがメガネなしでOK)。10:30から写真撮影をするという。1時間以上の時間があるが免許証を渡してあるので免許証不携帯ではどこにも行かれない。免許センターの中でブラブラしていてもしょうがないので外に出てみた。
DSCN1312.jpg

 37年前にバイクの試験を受けたコースはそのまま残っている。監視塔(本当はどう呼んでいるのかわからないが)もある。
DSCN1306.jpg
立ち入り禁止にはなっていないみたいだし、技能試験を受けると思われる人たちがコースの確認に歩いているし、入ってみた。自分が試験を受けたときのままだ。下の方にコースは延びているが前の所はそのまま(補修はされている)。クランク、S字、特別コース、何もかも懐かしい。
DSCN1309.jpg
DSCN1308.jpg
DSCN1311.jpg
限定解除を受けに行った時に失敗したと思われる場所でしばらく感慨にふけった。まだ時間はあるので散策。そのうちに二輪の試験が始まった。監視塔の2階に試験官、1階に受験者、37年前を思い出し眺めていた。この方々は何回目で合格するのだろう?

 時間になったのでセンターに戻った。写真撮影する交付者は意外と少ない。撮影終了。交付手数料証紙を購入。証紙代は\2,100.-。交付までしばらく待ってくださいと言われ待っていた。

 免許証交付。意外と早くできてきた。名前を呼ばれ新しい免許証を渡される。普通が中型に変わり8t限定と表示されている。大自二と普自二が両方書かれてあり小型限定の文字がない。37年間の小型の呪縛から解かれた瞬間だ。感無量
DSCN1320.jpg

卒業検定

 2009-07-15
《平成21年7月15日(水) 9:30~》 卒業検定 H教官 曇
 まず結果から。合格!!!!!
 今日の卒検は、普通自動車ATの若い女性と昨日の彼女と自分と3人だ。天気予報が雨時々雲なので心配していたが、曇ってはいるが雨が降りそうな気配はない。蒸し暑く風が強くなってきた。第一教室で、H教官から卒検の説明を受ける。番号は普通自動車を受ける女性が1番、自分が2番、彼女が3番。この番号が合格発表の掲示板に出るらしい。風が強くなってきそうなので大型二輪から検定をすることになった。今日のコース図を見せてもらったがなかなか覚えられない。見てはイメージし、また見てはイメージし、何とか覚えたような気がする。間違えたり忘れたりしても途中で停止すれば教えてくれるというので安心したが、それよりも一本橋が心配だ 落ちればアウトと聞いている。スラロームのパイロン接触もアウトと聞いているがスラロームはまず心配ない

 車庫に行って準備の間、一緒に受ける彼女と少し話をした。バイクを買うのかと聞かれたが、今はとても買えない。年も年だけどとりあえず免許が取りたいと答えた。

検定が始まる。意外にもあまり緊張していない。検定の試験官もH教官。35年前普通自動車で教習を受けた教官が、今更みたいに大型二輪の免許を取るために来た自分の検定にまた巡り会うとは夢にも思っていなかった。大型二輪で今日検定を受けるのは二人しかいないが自分が1番に走る。始まる前コースには大型車や普通車数台が走っていたが、ちょうど1時限目が終了しコースには何もいない。ほんのちょっと練習走行があるが自分は外側線を使って一本橋の練習をしたりして回った。ただ自分が考えていた一本橋の練習をするつもりの所に大型自動車の教習車を停められてしまったので半分ぐらいの練習。

 本番スタート。試験官は普通自動車でついてくる。外周を回ってクランクを出ていきなり一本橋だ 緊張するが試験官がスタートの合図。深呼吸して後方確認、スタート。橋に乗る前にふらついたがなんとか乗った。下を見ている。目線を上げて遠くを見る。途中ふらついたが何とか渡りきった。やったと思った。渡ってしまえばタイムはどうでもよい。早くてもちょっと減点されるだけ。波状路は問題ない。コースに戻り一時停止から信号、踏切を通りブロック塀の交差点。エンストしてしまった 焦らず再スタートし信号から左に外周を回って信号方向に左折。ウィンカー出すのを忘れた 信号を右折して一時停止、また右折して坂道の方へ。坂道発進からS字。急制動へ。教官の合図でスタート。うまく止まれた。スラロームはパイロンにぶつからないように意識して通過。左に回ってスタート地点に戻って終了。試験官の講評。タイムはすべてクリアしていた(波状路以外は減点覚悟で臨んだのだが)。エンストとウィンカーと前ブレーキの使い方を少し注意された。短い時間だが疲れた

 続いてシャドウの彼女。いつも乗っているだけあってすごく安定している。ほとんど完璧に近い走りだと思った。自分は終わった時点でスレスレ合格だと思っていたので一緒に卒業。いつかは一緒にツーリングなんてあり得ないことまで妄想していた。最後のスラローム。さすがにうまい。と思った瞬間、バランスを崩して出口のパイロンに接触!本番には自信があると言っていた彼女が最後の、これをクリアすれば、というところでミスった。試験官が本人以上に落胆しながら彼女に言っているのが聞こえた。「完璧だったのになんで最後の最後で…。」

 試験官は次に普通自動車ATの検定がある。検定の場合は、自分が普通自動車の免許を取ったときもそうだったが、試験官、受験者のほかにもう一人乗車しなければならない。35年前は受験者が多数いたので次の受験者が乗った。今回は普通自動車の受験者がほかにいない。最初の打ち合わせでは女性同士ということで、シャドウの彼女が乗ることになっていたが、検定が終わったばかりということで自分が乗った(彼女に気を遣ったのかもしれない)。路上検定なのでいろんな車と並ぶし、すれ違う。後部座席だがガラスがスモークでないので丸見え。自分の知人が見つかれば何で検定車に自分が乗っているのか、あとで何を言われるかわからないので、顔を隠して乗っていた。違和感もなく同乗できたのでこの女性は合格だなと思った。

 しばらくして合格発表。3人しかいないのに電光掲示板で発表。1と2が点灯。3も点けば電光掲示板の写真を撮るつもりでいたができなかった。やはりダメなものはダメ。厳しい。
 二人だけの卒業式のため第一教室へ。H教官から免許センターで提出する書類の説明を受け必要事項を記入する。受験票で2回間違えて3枚も使ってしまった。
DSCN1295.jpg
 卒業式。管理官から卒業証明書を受け取り、お祝い?の言葉をいただき終了。27日間の学校生活だった(実際に教習に行ったのは19日)。最後に受付のオネーサンに挨拶して帰ろうと思ったら。逆に呼ばれて手違いで精算ができていないとのこと。夜間教習1時限分の精算をしてお礼を言って帰路についた。お世話になった教官にもお礼を言いたかったが今の時間はいないようだ。
DSCN1304.jpg

 今回技能講習でお世話になった6名の教官の方々。とても親切で、失敗すれば優しく指導、成功すれば拍手で一緒に喜び、本当に楽しい学生生活?だった。ありがとう!!
この年で、大型、二種、大型特殊とかも考えたけど、今更と思いながらも37年間思いこがれた、古い言い方で自動二輪の限定解除に挑戦。久しぶりの充実した日々だった。費用\147,000.-
DSCN1283.jpg
DSCN1315.jpg

 午後から仕事に戻り、夕方からいつものところで一人で祝杯

技能教習2段階11時限目

 2009-07-14
《平成21年7月14日(火) 17:40~》 技能教習2段階11時限目 SAT教官 小雨

 みきわめ。初めての教官でシャドウの彼女と一緒だ。教官から二人とも明日の卒検だな。と言われる。教官のスクーターに先導され、自分、彼女がみきわめのコースを回る。聞いていたのと少し違うが2回走った。2回目は教官の後ろに彼女がついてその後ろを自分が走った。一本橋、1回目は落ちた。2回目は渡れたがタイムが少し早かった。一度バイクを降りて卒検の要領を聞いた。その後またコースを走り終了。一本橋はクリア。彼女はやはり適性を一緒に受けた女性だ。一時停止の時つま先でやっと立っていた(失礼)
 みきわめは合格。卒検の手続きをして帰った。彼女は本番には強い!と言っていた。自分は普通自動車以来35年ぶりの卒検

技能教習2段階10時限目

 2009-07-12
《平成21年7月12日(日) 11:40~》 技能教習2段階10時限目 A教官 雲

 教官にムリしないでマイペースでやっていいと言われたので、ウォーミングアップ、みきわめのコースを走った後、急制動。スラローム、一本橋、波状路を自分のペースで繰り返し練習した。ここに来て一本橋のコツをつかんだような気がする。状態を前にかがめ肘を曲げるとハンドルを左右に切りやすい(前から言われていたことだが)。遠くを目標にするのもわかってきた。
 なんだかんだで、あと1時限。次はみきわめだ。

技能教習2段階9時限目

 2009-07-12
《平成21年7月12日(日) 10:40~》 技能教習2段階9時限目 A教官 雲

 駐輪場にホンダシャドウ400が置いてあった。教習生が乗ってきたのか?前の時限の教習が終わり、何人か引き上げてきた。その中の若い女性がそのシャドウに向かっていく。その女性が乗ってきたらしい。適性試験の時一緒だった女性か?だとすればずいぶん失礼なことを前に書いている。でも、普通二輪を持っていれば自分より8時限少ないはずなのでとっくに終わっていてもおかしくない。別人か?その女性はドドドドドッと爆音?を残して帰って行った。Vツインは400でも結構迫力がある音を出す。CB750のS4の音もいいが、アメリカンに乗りたい自分としてはVツインの音がいい。教官によると、その女性はハーレーに乗りたいのだそうだ。自分もハーレーに乗りたい!でも高くて今はとても手が出ない。でもいつかは…。
 教習はみきわめのコースを数回走ったあと細かいところの練習。最初、一本橋が渡れなかったのでスラロームと一本橋を集中的に練習。今日は二輪しかいなく大型二輪3台、普通二輪1台が教習を受けていた。若い人達は一本橋を難なく渡る。うらやましい。自分より前の段階らしいのだが…。
 疲れた。今日はもう1時限ある。休憩して水分補給。

技能教習2段階8時限目

 2009-07-09
《平成21年7月9日(木) 18:40~》 技能教習2段階8時限目 K教官 雨

 今日は、K教官でシミュレーターをやってから少しコースを走ろうという予定で昨日から決まっていた。今日は午後からずっと雨だったので夕方のコースは水が浮いていた。前の時限の様子を窓から見たら大型二輪が1台、大型自動車が1台走っていた。大型二輪はかなり苦戦していた。大型自動車で教習をしていたK教官が自分に向かって手で×のサイン。自分としてはコースに出る意欲はあるのだが、こんな雨の中カッパを着てまで走りたくないと内心思っていた。教習の中で1時限しかないシミュレーターでよかったと…。大型二輪をやっていた男性がびしょ濡れで帰ってきた。(自分よりは若いと思うが40才前後か?)あさっての卒検に間に合わせようと雨の中頑張ったそうだ。いつかの若い彼もそうだが、数回しか会っていないのに同じ目標に向かっているという連帯感があるのか、ほんの少しだが会話をする。女性の教習生とはそういう機会がない。同じ時限で教習を受けることはあったが、できれば話をしたいものだ。
 シミュレーターは危険予測。回避。ゲームを堅苦しくしたようなもの。音はするが振動がないので臨場感がない。途中コースに出ようかと外を見たら雨が激しくなってきたのでコースはやめることにして、シミュレーターで急制動の練習をしたり単純な法規走行をしたりして時間になり終了。
 雨のうえ最終時限は暗いし今日はシミュレーターでよかった。あと3時限。
DSCN1292.jpg

技能教習2段階7時限目

 2009-07-08
《平成21年7月8日(水) 16:40~》 技能教習2段階7時限目 K教官 曇

 学校に向かう道中雨が降っていたのでコースも濡れているかと思っていたが、学校の方は午後からあまり雨が降らなかったらしくコースは所々濡れてはいるもののほとんど乾いていた。
最初は回避の練習。教官が赤と白の旗を持っていて、挙げた旗の色によって右や左に回避する練習。
 よくわからないうち終わった。その後コースを教官の前や後ろを走り、残りの時間で一本橋、波状路、スラロームを何回かやって終了。今日は一本橋で2回落ち、波状路で1回エンストした。あと自分ではわからなかったがスラロームで1回パイロンに接触したらしい。教官も核心に触れ注意してくれるようになってきた。卒検では接触でアウト!
 自分なりの課題。一本橋を確実に渡ること。前ブレーキの使い方。得意の部分で油断しないこと。

技能教習2段階6時限目

 2009-07-06
《平成21年7月6日(月) 17:40~》 技能教習2段階6時限目 SAS教官 晴

 仕事が終わってからチョー速攻で学校へ。信号待ちで着替えたりしながら7分前に到着。結構暑い。
 ウォーミングアップ走行のあとクランク、一本橋(また落ちた)、波状路、8の字、急制動、スラローム。その後、まだ5時限あるがみきわめのコースを教えてもらい走った。外周から坂道、クランク、一本橋(また落ちた)、スラロームの脇を通って左に回ってコースに入り信号の方に右折、信号を直進して一時停止を左に曲がり回って左折また信号、通過して右折、踏切。両脇塀の交差点を右折、また信号に入り直進して一時停止を右折して右に外周を回り8の字へ、急制動をやって右に回りスラローム。左へ回りスタートに戻る。教官の前を走る。前ブレーキをもっと使っていいと言われる。あと一時停止の停止線オーバー。これは長年ワゴン車で前輪の上で運転していた弊害か?気をつけて走ると問題ない。何回かコースを走り、残った時間に細かいところの練習。波状路、急制動、スラローム、一本橋もクリア。一本橋は一発目でクリアできるようにならなければ…。途中、得意の波状路入り口でエンスト。教官に油断しましたね。と言われた。その通りです。油断禁物!最後にスラローム、一本橋、波状路をクリアして気分よく終了。
 教習(バイクに乗ること)が楽しくなってきた。憧れのナナハンですから…。

技能教習2段階5時限目

 2009-07-04
《平成21年7月4日(土) 14:40~》 技能教習2段階5時限目 K教官 晴

 昨日の彼がいた。卒検の結果を聞いたら受かったと嬉しそうに微笑んだ こっちまで嬉しくなった
車庫まで歩いているとき、教官が今日の卒検の結果を教えてくれた。さっきの彼が合格して、年配の人はスラロームで転倒、一本橋を渡れず合格できなかったそうだ。1回勝負だからプレッシャーがかかるのだろう。人ごとではない。年配って何才ぐらいの人かと聞いたら35、6才だそうだ。52才の自分はチョー年配?
 教習は前に走ったコースに8の字の後に急制動を加え、スラロームで終わるコース。これを数回繰り返し残りの10分はスラロームと一本橋と波状路を数回やって終了。一本橋がまだ完璧にほど遠いが自分ではよくなってきたと思う。数回渡れなかったが…。
 だいぶ安定してきたと教官に褒められた
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫