初めてのツーリング

 2009-07-31
 県境の方にツーリング。途中の道の駅で県南の高校で教師をしている甥とバッタリ。お互いにビックリ 生徒の勉強合宿の引率とやらでトイレ休憩らしい。行き先は同じ方面

 途中の武家屋敷通り。
DSCN1334.jpg

 その後、日本一深い湖を半周
DSCN1339.jpg
DSCN1340.jpg
DSCN1341.jpg
 魚が復活 
DSCN1344.jpg

 有名な秘湯
DSCN1350.jpg
DSCN1347.jpg
DSCN1348.jpg

 などなど回って来た。
DSCN1351.jpg
スポンサーサイト

プチツーリング

 2009-07-29
 午後から、映画「釣りキチ三平」ロケ地の滝に出かけた。さらに標高の高い所を越える道のりなので最初からウインドブレーカーを着ていった。案の定途中霧雨
DSCN1332.jpg

バイクで散歩?

 2009-07-28
 昨日は長女の免許書き替えにつき合わされて免許センターへ。バイクに乗っていたのは知っているが大型二輪の免許を取るためにここに来たことは誰にも内緒なので、なにげに免許センターのことに詳しい父に娘は怪訝そう(人に聞いたりネットで調べたとかごまかしていたが)。
 今日は、夕方から近くの高原まで
DSCN1329.jpg


バイク買いました

 2009-07-26
 せっかく免許を取ったのにバイクがない。友人たちはリッターバイクを満喫しているが、ネットで検索して決めていた250CC(車検がいらない)を見に隣の県のバイクショップに行った(妻も同行。ヒマな人なので)。ハーレーの新車、絶版のカワサキのナナハンがあるがとても手が出る価格ではない。
 目もくれずヤマハのアメリカンタイプ250CCを契約。諸手続きの終了後、電車を利用して取りに来ることにした(同行した妻は車の運転はするが長距離はムリなので。100kmもないんだけど)。
 25日、店長から電話があり26日に電車で取りに行くことにした。
 26日、フルフェイスヘルメットと雨具を持って電車で向かった。駅に着いて駅まで店長に迎えに来てもらい店まで行き、代金を支払いバイクを受け取った。乗って帰るのはいいが、よく考えると初めて乗るバイク、車では家まで2時間足らず。小型では2時間も走ったことはないし、片側2車線の道路をバイクで走ったことはない。車では何回も通っている道だが、店長に確認して楽な道を帰ることに…。
 昼時だったのでラーメン屋に寄って昼食
 店長に聞いた道を快調に走った。だいぶ慣れてきたところで、店を出るとき「燃料を入れてくださいね」と言われていたことを思いだし、片側二車線の国道へ。
 給油し国道を走る。ムリしないで車のつもりで。途中から旧国道を通っていったら警察の取り締まり? 事故だった。海沿いを走ったり山の方に上がったり、最後は調子に乗って高速道路を走ったりした。無事帰宅。
DSCN1333.jpg

中学サッカー県総体決勝

 2009-07-20
 地元の中学校が県総体の決勝に進んだので観戦に行った。
IMG_4588.jpg
 見事に優勝。全中の予選出場は昨日のうちに決めていたのだが、よかった
IMG_4719.jpg

サッカーとの関わりと思い

 2009-07-18
 昭和45年(1970)4月、中2になる時、町内にあった二つの中学校が統合した。向こうの学校に、前年度全県優勝したサッカー部があった。サッカー部がなかった中学校にサッカー部ができ、自分はサッカーというものを初めて目の当たりにする。それまで体育の授業でサッカーみたいなことをやったことはあったが、全然違う。蹴ったボールがこんなにも飛ぶものなのか?今まで出会ったことのない個性的な先輩達や同級生達。
 自分はスポーツがあまり得意でないので文化的な部活に所属していたが、あまりにもおもしろい(サッカーとサッカー部の人々)のでいつもサッカー部の練習を見学していた。
 こちらの学校からは部活に所属していない生徒が何人かサッカー部に入部したが、向こうには小学校にもサッカー部があったらしく、こちらからあとで入部した2年生より向こうの1年生の方がはるかに上手かった。その時のチームはあまりいい成績を残せずに終わった。
 同級生達のチームはどうだったか?自分がやっていた部活が応援に行くのも活動の一つだったので進んでサッカーの応援に行った。たしか県大会の1回戦で負けたような気がする。あとで入部した同級生で選手になれたのは1人だけで、彼は高校に入ってから頭角を現し、社会人になってからは国体選抜に選ばれ優勝したこともあり、彼が所属するチームが日本リーグ2部に昇格したときはそのチームのキャプテンだった。

 自分のサッカーといえば、中学時代は別の部活に所属している友人とボールを蹴って遊んでいた。家に帰ってからも近くの広場でボールを蹴っていたが、蹴るのは上手くなっても元々脚力がないため遠くには蹴れなかった。中3の時、校内球技大会の選手に選ばれ(これは自分としてはすごい快挙)試合相手は同学年のチーム。PK戦になって何番目かで蹴って決めた。このときは膝がガクガク震えたのを覚えている。この試合は勝ったがあとの試合はどうだったのか、全然覚えていない。
 高校生の時もいつもボールを蹴って遊んでいた。高1の時、近くの小学校の校庭で遊んでいたら一人の小学生がやってきた。一緒にサッカーをやって、へたくそだとバカにされた。その小学生は後に全国高校サッカー選手権で50mシュートを決めて有名になった小松晃。

 高校の時は応援団だったので各部の応援に行った。野球、バレー、ソフト、相撲、柔道、重量挙、もちろんサッカーにも応援に行った。昭和49年(1974)、3年の時、インターハイ予選でサッカーが決勝まで進み、決勝は雨中の試合。1-0で勝ちその夏のインターハイに行ったが、応援団は連れて行ってもらえなかった。雨の中、びしょ濡れで一所懸命応援したのに…。インターハイ開催地は九州。県までは覚えていない。

 4才年下の弟は自分と違い運動神経がよく、中学でサッカー部に入った。自分が高校を卒業して就職した年に3年になったので、弟たちの中学サッカーも結構観に行った。が、ボールを蹴ることはあまりなくなっていた。車で遊び歩くのに夢中だった。

 その後、友人から誘われて町のリーグ戦に出場するためチームに入りサッカーをするようになった。
お盆の全町サッカー大会などにも地域のチームで出たり、職場のチームでマイナーな大会の公式戦に出たこともあった。このころ、体力も技術もない自分は、これはやるものじゃなく観るものだと悟った。日本リーグ、社会人、高校、中学、スポ少まで近くで開催されるものは、ほとんど観に行った。
 長男がスポ少、中学でサッカーをやり、二男は高校までやった。たいていの親は自分の子どもがいなくなると観に行かなくなるようだが、自分は妻と一緒に今でも各カテゴリのサッカーを観に行っている。

DSCN1353.jpg
 自分が所有している‘85日本リーグ1部・2部のパンフ なぜかその年のしかありません…。が、ページをめくると往年の名選手が、、いますよ~。

大型二輪免許取得奮闘記 目次 

 2009-07-17
適性検査 平成21年6月20日(土) 14:40~

技能教習1段階1時限目 平成21年6月22日(月) 17:40~

技能教習1段階2時限目 平成21年6月22日(月) 18:40~

技能教習1段階3時限目 平成21年6月24日(水) 18:40~

技能教習1段階4時限目 平成21年6月25日(木) 18:40~

技能教習1段階5時限目 平成21年6月26日(金) 18:40~

技能教習1段階6時限目 平成21年6月27日(土) 16:40~

技能教習1段階7時限目 平成21年6月29日(月) 15:40~

技能教習1段階8時限目 平成21年6月29日(月) 16:40~

技能教習1段階9時限目 平成21年6月30日(火) 18:40~

技能教習2段階1時限目 平成21年7月1日(水) 18:40~

技能教習2段階2時限目 平成21年7月2日(木) 17:40~

技能教習2段階3時限目 平成21年7月3日(金) 9:40~

技能教習2段階4時限目 平成21年7月3日(金) 10:40~

技能教習2段階5時限目 平成21年7月4日(土) 14:40~

技能教習2段階6時限目 平成21年7月6日(月) 17:40~

技能教習2段階7時限目 平成21年7月8日(水) 16:40~

技能教習2段階8時限目 平成21年7月9日(木) 18:40~

技能教習2段階9時限目 平成21年7月12日(日) 10:40~

技能教習2段階10時限目 平成21年7月12日(日) 11:40~

技能教習2段階11時限目 平成21年7月14日(火) 17:40~

卒業検定 平成21年7月15日(水) 9:30~ 

免許証交付 平成21年7月16日(木) 8:30~

免許証交付

 2009-07-16
《平成21年7月16日(木) 8:30~》 免許証交付 運転免許センター 曇り

 休みをもらって、早速運転免許センターへ。8:30過ぎに到着。免許更新の人達が平日なのにたくさん来ている。自車校から聞いた手順で受付を済ませた。申請手数料証紙代は\2,000.-(視力検査があったがメガネなしでOK)。10:30から写真撮影をするという。1時間以上の時間があるが免許証を渡してあるので免許証不携帯ではどこにも行かれない。免許センターの中でブラブラしていてもしょうがないので外に出てみた。
DSCN1312.jpg

 37年前にバイクの試験を受けたコースはそのまま残っている。監視塔(本当はどう呼んでいるのかわからないが)もある。
DSCN1306.jpg
立ち入り禁止にはなっていないみたいだし、技能試験を受けると思われる人たちがコースの確認に歩いているし、入ってみた。自分が試験を受けたときのままだ。下の方にコースは延びているが前の所はそのまま(補修はされている)。クランク、S字、特別コース、何もかも懐かしい。
DSCN1309.jpg
DSCN1308.jpg
DSCN1311.jpg
限定解除を受けに行った時に失敗したと思われる場所でしばらく感慨にふけった。まだ時間はあるので散策。そのうちに二輪の試験が始まった。監視塔の2階に試験官、1階に受験者、37年前を思い出し眺めていた。この方々は何回目で合格するのだろう?

 時間になったのでセンターに戻った。写真撮影する交付者は意外と少ない。撮影終了。交付手数料証紙を購入。証紙代は\2,100.-。交付までしばらく待ってくださいと言われ待っていた。

 免許証交付。意外と早くできてきた。名前を呼ばれ新しい免許証を渡される。普通が中型に変わり8t限定と表示されている。大自二と普自二が両方書かれてあり小型限定の文字がない。37年間の小型の呪縛から解かれた瞬間だ。感無量
DSCN1320.jpg

卒業検定

 2009-07-15
《平成21年7月15日(水) 9:30~》 卒業検定 H教官 曇
 まず結果から。合格!!!!!
 今日の卒検は、普通自動車ATの若い女性と昨日の彼女と自分と3人だ。天気予報が雨時々雲なので心配していたが、曇ってはいるが雨が降りそうな気配はない。蒸し暑く風が強くなってきた。第一教室で、H教官から卒検の説明を受ける。番号は普通自動車を受ける女性が1番、自分が2番、彼女が3番。この番号が合格発表の掲示板に出るらしい。風が強くなってきそうなので大型二輪から検定をすることになった。今日のコース図を見せてもらったがなかなか覚えられない。見てはイメージし、また見てはイメージし、何とか覚えたような気がする。間違えたり忘れたりしても途中で停止すれば教えてくれるというので安心したが、それよりも一本橋が心配だ 落ちればアウトと聞いている。スラロームのパイロン接触もアウトと聞いているがスラロームはまず心配ない

 車庫に行って準備の間、一緒に受ける彼女と少し話をした。バイクを買うのかと聞かれたが、今はとても買えない。年も年だけどとりあえず免許が取りたいと答えた。

検定が始まる。意外にもあまり緊張していない。検定の試験官もH教官。35年前普通自動車で教習を受けた教官が、今更みたいに大型二輪の免許を取るために来た自分の検定にまた巡り会うとは夢にも思っていなかった。大型二輪で今日検定を受けるのは二人しかいないが自分が1番に走る。始まる前コースには大型車や普通車数台が走っていたが、ちょうど1時限目が終了しコースには何もいない。ほんのちょっと練習走行があるが自分は外側線を使って一本橋の練習をしたりして回った。ただ自分が考えていた一本橋の練習をするつもりの所に大型自動車の教習車を停められてしまったので半分ぐらいの練習。

 本番スタート。試験官は普通自動車でついてくる。外周を回ってクランクを出ていきなり一本橋だ 緊張するが試験官がスタートの合図。深呼吸して後方確認、スタート。橋に乗る前にふらついたがなんとか乗った。下を見ている。目線を上げて遠くを見る。途中ふらついたが何とか渡りきった。やったと思った。渡ってしまえばタイムはどうでもよい。早くてもちょっと減点されるだけ。波状路は問題ない。コースに戻り一時停止から信号、踏切を通りブロック塀の交差点。エンストしてしまった 焦らず再スタートし信号から左に外周を回って信号方向に左折。ウィンカー出すのを忘れた 信号を右折して一時停止、また右折して坂道の方へ。坂道発進からS字。急制動へ。教官の合図でスタート。うまく止まれた。スラロームはパイロンにぶつからないように意識して通過。左に回ってスタート地点に戻って終了。試験官の講評。タイムはすべてクリアしていた(波状路以外は減点覚悟で臨んだのだが)。エンストとウィンカーと前ブレーキの使い方を少し注意された。短い時間だが疲れた

 続いてシャドウの彼女。いつも乗っているだけあってすごく安定している。ほとんど完璧に近い走りだと思った。自分は終わった時点でスレスレ合格だと思っていたので一緒に卒業。いつかは一緒にツーリングなんてあり得ないことまで妄想していた。最後のスラローム。さすがにうまい。と思った瞬間、バランスを崩して出口のパイロンに接触!本番には自信があると言っていた彼女が最後の、これをクリアすれば、というところでミスった。試験官が本人以上に落胆しながら彼女に言っているのが聞こえた。「完璧だったのになんで最後の最後で…。」

 試験官は次に普通自動車ATの検定がある。検定の場合は、自分が普通自動車の免許を取ったときもそうだったが、試験官、受験者のほかにもう一人乗車しなければならない。35年前は受験者が多数いたので次の受験者が乗った。今回は普通自動車の受験者がほかにいない。最初の打ち合わせでは女性同士ということで、シャドウの彼女が乗ることになっていたが、検定が終わったばかりということで自分が乗った(彼女に気を遣ったのかもしれない)。路上検定なのでいろんな車と並ぶし、すれ違う。後部座席だがガラスがスモークでないので丸見え。自分の知人が見つかれば何で検定車に自分が乗っているのか、あとで何を言われるかわからないので、顔を隠して乗っていた。違和感もなく同乗できたのでこの女性は合格だなと思った。

 しばらくして合格発表。3人しかいないのに電光掲示板で発表。1と2が点灯。3も点けば電光掲示板の写真を撮るつもりでいたができなかった。やはりダメなものはダメ。厳しい。
 二人だけの卒業式のため第一教室へ。H教官から免許センターで提出する書類の説明を受け必要事項を記入する。受験票で2回間違えて3枚も使ってしまった。
DSCN1295.jpg
 卒業式。管理官から卒業証明書を受け取り、お祝い?の言葉をいただき終了。27日間の学校生活だった(実際に教習に行ったのは19日)。最後に受付のオネーサンに挨拶して帰ろうと思ったら。逆に呼ばれて手違いで精算ができていないとのこと。夜間教習1時限分の精算をしてお礼を言って帰路についた。お世話になった教官にもお礼を言いたかったが今の時間はいないようだ。
DSCN1304.jpg

 今回技能講習でお世話になった6名の教官の方々。とても親切で、失敗すれば優しく指導、成功すれば拍手で一緒に喜び、本当に楽しい学生生活?だった。ありがとう!!
この年で、大型、二種、大型特殊とかも考えたけど、今更と思いながらも37年間思いこがれた、古い言い方で自動二輪の限定解除に挑戦。久しぶりの充実した日々だった。費用\147,000.-
DSCN1283.jpg
DSCN1315.jpg

 午後から仕事に戻り、夕方からいつものところで一人で祝杯

技能教習2段階11時限目

 2009-07-14
《平成21年7月14日(火) 17:40~》 技能教習2段階11時限目 SAT教官 小雨

 みきわめ。初めての教官でシャドウの彼女と一緒だ。教官から二人とも明日の卒検だな。と言われる。教官のスクーターに先導され、自分、彼女がみきわめのコースを回る。聞いていたのと少し違うが2回走った。2回目は教官の後ろに彼女がついてその後ろを自分が走った。一本橋、1回目は落ちた。2回目は渡れたがタイムが少し早かった。一度バイクを降りて卒検の要領を聞いた。その後またコースを走り終了。一本橋はクリア。彼女はやはり適性を一緒に受けた女性だ。一時停止の時つま先でやっと立っていた(失礼)
 みきわめは合格。卒検の手続きをして帰った。彼女は本番には強い!と言っていた。自分は普通自動車以来35年ぶりの卒検
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫