サッカー観戦

 2011-03-29
 TVで、東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチと称して、日本代表 VS Jリーグ選抜の試合が放送されている。Jリーグの開幕以来のサッカー観戦(TV)だ。
 観戦しながら記事を書いているのもなんか変な感じがするが、思いついたことをすぐ忘れてしまうので今書いている。
 試合の冒頭の観客全員がコールしたと思われる"バボニッポン"には感動した。

 "がんばろう東日本"というプラカードやダンマクが目に付いた。ユニにも"がんばろう"の文字が見える。
 元気がない人や、落ち込んでいる人に"がんばろう!""ガンバレ!"は禁句だと聞いたことがある。でも、自分が報道で見る被災地の方々に元気がないとか落ち込んでいる様子はない。

 がんばろう!ガンバレ!!
_hea_log.gif

追記:4月3日()に東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ秋田版もあります。

     ↓↓↓↓↓↓クリックお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ _hea_log.gif
 震災からの復興に向けて、がんばろう東北!! がんばろう日本!!
スポンサーサイト

雪国のなごり雪

 2011-03-27
 昨日の夕方から今朝にかけて降り積もった雪は、約20cmあり、この時期には珍しく除雪車が出動した。冬囲いをはずした家の前の植木には雪がどっさり。

  ↓ 昨日の夕方と今朝の様子。 なごり雪というには多すぎる。
IMG_1378.jpg IMG_1379.jpg
          ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
IMG_1389.jpg IMG_1387.jpg

 北帰行途中の白鳥たちは、昨日までやっと雪が消えた田んぼで栄養補給をしていたが、また雪が積もったのでわずかに雪が消えたところに集中していた。(近づくと食べるのをやめてシカトするのや離れて行くのがいた。)
IMG_3974.jpg IMG_3979.jpg
 
 先日、宮城県に支援活動に行って来た友人と話をする機会があった。彼らが実際に目にした光景は、報道で見たのをはるかに越える悲惨な状況だと言っていた。
 自分ができそうなことをいろいろ考えたり調べたりしてみたが、今現在では、個人が動いてもどうにもならない状況だった。
 節電、節約、など、できることをみんなでやって大きな力にするしかない。

     ↓↓↓↓↓↓クリックお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ _hea_log.gif
 震災からの復興に向けて、がんばろう東北!! がんばろう日本!!

春の淡雪?

 2011-03-24
 今年は、何回も雪の画像は載せたくないと思った。

 でも、また載せてしまう。昨日の夜に短時間で降り積もった雪。
 道路はあっという間に真っ白に。
IMG_1371.jpg IMG_1369.jpg

     ↓↓↓↓↓↓クリックお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ

春分の日

 2011-03-21
 昨日は、友人の娘さんの結婚披露宴に行ってきた。こういう事態の中、ご本人、ご両親、披露宴の会場、いろいろと苦悩はあったと思うが、久しぶりに楽しい、華やかな場所に行けて楽しかった。
 おめでとう! ありがとう! 

 今日は春分の日。いつもの年だとそろそろタイヤ交換の時期で、今日がだいたいの目安になっていた。
 今年は大雪の他に、3月になっても降雪がありまだタイヤ交換はできない。

 バイクもまだ出せる状態ではない。出せたとしても遊びのバイク。ガソリンがないという事態の中でドゴドゴ走っていたらどんな目で見られるか・・・。

 サッカーの話題もしばらくは載せられそうにない。。。

 この3日間は、わりと暖かく、雨も降ったりしたので田んぼに行く道路の雪はかなり消えた。少し春の気配も見えてきたが、週間天気予報では明後日からまた雪だるまマークが付いている。
IMG_1345.jpg IMG_1348.jpg
IMG_1350.jpg IMG_1353.jpg

 心配ごとが一つ。雪が消えても春の農作業に欠かせない燃料は調達できるのだろうか?

     ↓↓↓↓↓↓クリックお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ

珪化木(けいかぼく)

 2011-03-19
 東北地方太平洋沖地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます

 先週の金曜日に地震があって、その土曜日、日曜日は休まず巡回や対応に追われた。月曜日は二男を弘前まで送って行きまた昨日まで仕事だったので、今日は久しぶりの休日。
 雪は昨日の朝まで降ったりやんだり。今日の天気はわりと穏やかで暖かく、屋根に残っていた雪はあっという間に消えた。

 朝から家でボーッとしていたが、ちょっと外に出たときに玄関脇でふと目についたもの。子供の頃から、町内のどこに行っても目にしていた石。「木石(きいし)」と呼んでいた木の化石。「珪化木(けいかぼく)」と言うのを今になって知った。
IMG_1177_20110319202237.jpg IMG_1178_20110319202236.jpg

 秋田県では支援物資(バスタオル、タオルを除く)の受付を一旦中止したそうだ。全国の自治体、民間から物資が殺到し、被災地での受け入れが困難になったのではないかと推測している。
 各避難所に行き届いてからのことならいいが・・・。

支援物資

 2011-03-18
 この町にも支援物資が続々と集まっているらしい。(食品は受け付けていない。)

 すべてが被災地に送る物資だと思っていたが、避難してきた方々の分も集めていると聞いて、、え? 避難してこれる人ってクルマがあってガソリンも調達できて、ということは物資には困っていないんじゃないの???

 偉い人が考えることはわからない。津波で被災して着の身着のままで避難してこれる方々は実家や親戚を頼ってくると思う。原発の近くから避難してこれる方々は、実家や親戚がないとしてもここまで避難できるのは絶対に恵まれている方々。物資を持ってこれなくても自分たちで何とかしてもらおう。

 あくまでも自分の考えだが、集まった物資はすべて被災地に送るべきだと思っている。いくらあっても足りないのは目に見えている。

復興に向けて

 2011-03-17
 TVに流れる被災地の皆様は思いのほか元気で明るく、復興に向けて自分たちでも歩き始めている。

 ブログを意図的に暗~くしている自分が恥ずかしくなった。急にはムリだが徐々に元に戻していこうと思う。

 まずはヘッダー画像から。また雪が降り積もっているので、バイクにはいつ乗れるかわからないが、気持ちだけでも。(ガソリンは満タンだがいつクルマに移されるか…。)

 今日、被災地に向けて毛布、タオル類を送った。何年も物置の中で眠っていた毛布が、やっと日の目を見て確実に喜んでもらえる方の手に渡ると思うと嬉しくなってきた。

計画停電

 2011-03-16
 東京電力が計画停電を実施している。

 東北電力も今日16日からグループごとに実施するということだった。秋田県のこの地域は、午後5時から午後8時までの3時間。

 誰も、不平不満は言わない。

 ところが、午後3時半過ぎに中止になるとの発表があった。雨による水力発電量の増加、大企業をはじめとする地方全体の節電などにより供給できるようになったとのことだった。

 停電になるとあきらめていたのが、回避できたのは素直に嬉しい。

 ガソリン、灯油、食材等は品薄ながらも全くないわけではない。何とかなっている。

 米は全然心配ない。あとは物流が回復してくれば、元どおりになる日も近いだろう。

 少しだが義援金を送った。明日は、家にある毛布やタオル類を送ろうと思う。

 できることはやらなければ・・・。。。

地震の被害…。

 2011-03-14
 4日目になり、悲惨な状況が報道されているが、対岸の火事ではない。
 すぐそこで起こっていること。

 本当になんて言ったらいいか、言葉が見つからない。 

 今日、二男を弘前まで送ってきた。いつもの軽カーだと疲れるので、長男のクルマで行ったがガソリンが少なくなったので弘前で30分並んで入れた。入れてもらえたのは千円分だった。
 片道、約250km、一般道はその半分にたりないぐらいだが、開いていたガソリンスタンドはたった3ヶ所。どこも長い行列ができていた。(本当にガソリンがないらしい。)

 弘前に向かっていた昼過ぎ、心配していた宮城の知人から、無事だという連絡があった。

 被災した地域に対して何かできることはないかと思い、とりあえず身近なところで募金に応じた。

地震の時

 2011-03-12
 東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様 謹んでお見舞い申し上げます 

 その時、午後から休みをもらっていた自分は、二男(帰省していた)を連れて買い物をしていた。

 2011年3月11日14時46分。買い物を終えて、駐車場から道路に出ようとして一時停止。自分のちっちゃい軽カーがぐらぐら揺れている。クルマが壊れたか? 風のせいか??? 二男は冷静に「そんな風吹いてないだろ!」と言った。
 道路に出るときに大型ダンプがいて、ねじれるように揺れていた。地震だと思って車から降りたら地面も揺れていた。「地震だ!!」間髪を入れずダンプのオペレーターさんが叫んだ。
 3分以上は揺れていたと思う。

 その時点から停電。一旦家に二男を送り職場に戻った。電気がないとどうにもならない施設の状況を業者さんに連絡し、確認してもらった。

 帰宅。家族はろうそくと懐中電灯の灯り、反射式石油ストーブで暖を取り食事をしていた。幸い?にうちの調理器はLPガスを利用。食事には困らなかった。

 風呂は電気の石油ボイラー。ガマンした。(1日ぐらいはと…。)

 今日は、担当している施設を巡回。お願いしている業者さんは徹夜だったらしい。(夜中になかなかつながらない携帯の隙間を縫って連絡していた。)

 午前中に町の約半分が復電。夕方にほとんどが復電し、帰宅した。

 同じ東北でも、このぐらいですんだ自分たちはまだいい。自分が去年ツーリングで行った太平洋側は壊滅状態。今年行く予定していた所も・・・・・。。。

 あの風景がTVの映像で無惨に壊れていく。。心が痛い。今はお見舞いの言葉も出ない。。。。。

 余震は幾度となく続いている。 あ!今また揺れた。

 追記:心配してコメントくださった皆様や、記事にしてくださった皆様。
     ありがとうございます。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫