FC2ブログ

東北六魂祭2012 盛岡 ~思いはひとつ・・・

 2012-05-29
 26日()、27日()の二日間にわたって岩手県の盛岡市で開催された東北六魂祭。昨年、初めて開催された仙台市では大きな混乱があったと聞いていたが、今回はその教訓が生かされ大きなトラブルもなく閉幕したようだ 二日間の人出は24万3000人。自分たちが観た1日目は11万3000人と発表された。 

 土曜日の9:00過ぎ、息子のクルマに盛岡に住んでいる娘から頼まれた物とちゃんを積み込み?出発 いつもと同じ107号、秋田道、東北道で盛岡に向かった。東北道は盛岡に向かうと思われる乗用車や大型バスが多かった

 市街地に近くなると混雑して昼食が遅くなると思い、途中のSAで昼食 どこに行ってもチャーシューメンだな
六魂祭01 六魂祭02

 ホテルは盛岡駅前。市街地は大幅な交通規制がかかっているので、いつもの盛岡ICの一つ前の盛岡南ICから市街地に向かった ICを降りた所から交通整理の警備員が交差点ごとに立っていて、もしかすると大渋滞がおこりホテルにたどり着けるのか不安だったが、市街地に向かうクルマは意外に少なくスムーズにホテルに到着し、なんか拍子抜け 立体駐車場にクルマを入れ、チェックインはまだできないので、荷物だけホテルに預けて会場に向かった

 目的の東北六魂祭パレードは15:00から まだ2時間以上の時間があったが盛岡駅から会場に 盛岡城跡公園でもいろいろイベントが行われていたが、混雑していたのでパス。パレード見物の場所を確保するため県庁前に出てみると、歩けないほど混雑 ちょっと駅方向に戻ってみたが、座って観られる場所はなく(この人達は何時から座っていたんだ?)適当なところがあったので立って1時間以上待っていた。(下手に動くと立ってみられる場所もなくなってしまうので
六魂祭03 六魂祭04
六魂祭05 六魂祭06
六魂祭07 六魂祭08
六魂祭09 六魂祭10

 秋田市の竿燈は妙技をするところが4箇所あり、早めに入場してきた。パレードの前に妙技を披露。隙間からちょっとしか見えなかったが、風があったので倒れるたびに歓声があがった゛ 自分たちは、本物?の竿燈祭りを去年観ているので、今回はいいことにした
六魂祭11 六魂祭12

 15:00前、盛岡市長のあいさつ、地元の小学生が宣言し、パレードがスタートした 先頭は青森ねぶた祭り。つづいて山形花笠まつり、仙台七夕まつり(すずめ踊り)、福島わらじまつり、盛岡秋まつり山車、盛岡さんさ踊り。画像は300枚ほどあった中から厳選?したものを一気に
六魂祭13 六魂祭14
六魂祭15 六魂祭16
六魂祭17 六魂祭18
六魂祭19 六魂祭20
六魂祭21 六魂祭22
六魂祭23 六魂祭24
六魂祭25 六魂祭26
六魂祭27 六魂祭28
六魂祭29 六魂祭30
六魂祭31 六魂祭32
六魂祭33 六魂祭34
六魂祭35 六魂祭36
六魂祭37 六魂祭38
六魂祭39 六魂祭40
六魂祭41 六魂祭42
六魂祭43 六魂祭44
六魂祭45 六魂祭46
六魂祭47 六魂祭48
 盛岡さんさ踊りが延々と続いている中、混雑を避けてホテルに戻りチェックイン。部屋の窓からちょうど盛岡駅が 人の流れは途切れなかった。

 少し休んで、食事のためまた駅前に 駅も通りもまだ人であふれていて、居酒屋も満杯 5件目でやっと入れて 
六魂祭49 六魂祭50
六魂祭51 六魂祭52
六魂祭53 六魂祭54
六魂祭55 六魂祭56
六魂祭57 六魂祭58
 ホテルに帰るとバイクが4台駐まっていたので勝手に 21:00過ぎになると駅前の人もまばらになった。

 次の日もいい天気 9:30過ぎにチェックアウトし、娘に荷物を届けて帰路に着いた ちゃんが秋田市に行くと言うので46号へ
六魂祭59 六魂祭60
 道の駅で新緑を眺めながら昼食 中華そば 盛岡と言えば冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばだが、2人とも好みじゃないので・・・。期待していた方々、すみません
六魂祭61 六魂祭62
 46号から秋田道を少し走り、秋田駅前へ
六魂祭63 六魂祭64
 ちゃんは買い物 自分は昼寝 その後夕食を調達し、ぐるっと回って帰った割には結構早く16:00過ぎに帰宅

 結局1日目を見ただけで帰ってきたが、すばらしい躍動を感じた。一過性のイベントではなく、できることならずっとずっと続けてほしいと思った。  復興はつづく! 魂も、つづく!

        ↓↓↓↓↓↓いつも応援ありがとうございますm(_ _)m↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ 復興の狼煙 がんばろうニッポン
※ 画像はクリックで大きくなります。
スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫