FC2ブログ

盛岡行き

 2018-12-30
 2ヶ月に一回行っている岩手県盛岡市。今年の最終は12月11日(火)に行ってきた。いつもは10:00 と、時間を指定されていたので確実に行ける、国道107号を横手まで。横手IC・秋田道~東北道・盛岡南ICから市内の目的地に行っていたが、この時は時間指定がなかったので、107号~県道を進み105号、13号を横切り角館で46号に出て盛岡に向かった。10月と同じルート。

IMG_1051.jpg
 地元には結構雪が積もっていたので、雪の武家屋敷もいいかと思って寄ってみたが、雪が少なく残念。

 この時盛岡には雪はなかった。
IMG_1059_20181230145558265.jpg

 所用がすみ、帰りは46号から県道を旧沢内村経由で107号の湯田まで。あとは横手を通っていつもの道。帰りも10月と同じルート。

 今まで何回も行っていて距離を測ったことがなかったので、この時は距離を測ってみた。行きが約135km、帰りが約142kmで所要時間はどちらも3時間足らずで同じぐらい。ちなみに、高速を行くと約155kmで所要時間は2時間半あまり。軽カーなので高速だと燃費が悪い。それに料金。下道だと燃費は半分とまでは行かないが、かなりいい。今後は状況に応じて下道が多くなるかもしれない。時間指定でも少し早く出れば良さそうなので。。。



 で、今年のバイクツーリング。
IMG_1946_20181230152628c7a.jpg
IMG_9704_20171230211643298_201812301456016aa.jpg

 予想どおり11月4日の紅葉ツーが最終となり、走行距離は4,253km。去年より1,374km少ない。年々少なくなっているのは諸事情があるが、今年、少ない距離ながらも岩手、宮城、福島の太平洋側、会津のイベントにも行って仲間に会えたので良しとしよう。

 今年もあと一日と少し。皆様、良いお年をお迎えください。


↓よかったらランキングバナーをポチッとお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ 復興の狼煙 がんばろうニッポン
スポンサーサイト

再生可能エネルギー

 2018-12-01
 再生可能エネルギーとは、太陽光、太陽熱、水力、風力、地熱、波力、温度差、バイオマスなどが挙げられるそうだが、最近身近なところで増えてきた風力発電所について思うことがある。

 自分が秋田県内で初めて風力発電の風車を目にしたのは20年ほど前だろうか? 秋田市の雄物川河口に建てられたものだった。
1100.jpg
1101_20181130210733884.jpg

 その後、近くでは仁賀保高原、
1102_20181130210735049.jpg
1103_20181130210736a88.jpg

 西目。
1104_201811302107387d8.jpg

 最近では合併前の自分が住む町の西由利原、東由利原にも建設され稼働している。県内や全国では観光資源として注目されている所もあるようだが、この辺りで高い建造物を建てることになると、どうしても鳥海山との景観が問題視される。以前は携帯電話の鉄塔が、たった一件のクレームにより、基礎ができた段階で移動させられたこともあった。

 風力発電の風車では今年、鳥海山麓に計画されたものが鳥海山に近すぎるということで、住民や各種団体から反対され白紙撤回となった。自分もこの場所ではムリだと思った。
1105_20181130210739383.jpg


1106_201811302107419a2.jpg
 県内では男鹿市や能代市の海岸。全国でもいたる所に風車が建って珍しいものではなくなったが、今、由利本荘市も含む日本海沖合いで計画されている洋上風力発電事業については、自然環境や景観の破壊、健康被害などが心配されている。

 洋上に限らず、建設云々が議論されるようになってからいろんな声が聞こえてきた。

1107_201811302107421a7.jpg
 浜館公園の展望台から見る鳥海山に風車が被さって残念だと言う人がいたが、西目の風車は建ってから十数年。。今更か?と思った。

1108_2018113021074468e.jpg
 象潟では九十九島から見る鳥海山の前に風車が建って景観が悪い。知らないうちに建っていたということだったが。。知らないうちって?

1109_20181130210746717.jpg
 地元の東由利原に建った10基の風車も見る場所によって鳥海山の真ん中に入る。その場所で眺めていたら、通りかかった人が、あれを壊してくれと自分に対して言ってきた。そんな権限など自分にあるはずもないが、完成するまで気づかなかったとか。。その人の仕事場から見える場所で何年もかけて工事しているのに気づかないだろうか??


 自分は鳥海山の写真を撮るのが好きなので天気がよければ常にいろんな角度から見ていて、きれいに見えていれば特に風車は気にしないで写真を撮っている。
1110_20181130210747aff.jpg
 離れて建っている風車はちょっと移動すれば山を遮らないし、わざと風車を入れたりもする。仁賀保高原の風車は観光資源として成り立っていると思うし。。
1111_20181130210748844.jpg
1112_201811302107505cd.jpg
1113_20181130210751dbf.jpg
1114_201811302107537dd.jpg
1115_20181130210755503.jpg


 電気は必要なものだから発電所はなくてはならないもの。何の資源を利用するにしても人の目につかないように建設するのは難しいと思う。乱立は問題かもしれないが。。。

 青森県、秋田県、山形県の日本海側にある発電所は火力、水力。。原子力発電所はない。元々日本海から吹き付ける風を利用した風力発電はかなり前から注目され調査されていたが、7年前の東日本大震災に起因した福島第一原子力発電所の事故以来、たまたまタイミングが合ったのか?急速に風車の建設が進んだ。

 自分はキャラ的にはこういう問題にはあまり関心がない人なのだが、福島に足を運んでいるせいか?原発事故の影響を受けている地域の端っこのほんのちょっとを見ただけで偉そうなことを書いている。
 福島の復興を2年後の東京オリンピック・パラリンピックまでに。と、話している人がいた。何を、どこを見てこういう言葉が出てくるのか不思議に思う。

 話がそれてしまったが、風力発電所。特に洋上風力発電所については懸念されることも多いが、もし、地上で大災害が起きたとき洋上はどうなのか? 津波は??

IMG_2192_20181201151440a0f.jpg

 景観破壊、健康被害も心配だが、漁業への影響などまだまだ検証するべき事がありそうだ。


↓よかったらランキングバナーをポチッとお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ 復興の狼煙 がんばろうニッポン
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫