磨く!ひたすら磨く!

 2009-09-29
 先日、半島にツーリングに行ったときに出会ったオヤジバイカーの方々。どのバイクもピッカピカ(メッキ仕上げがされているから当たり前なのだが…。) 自分のバイクはちっちゃい上に妙にみすぼらしく見えた。
 メッキ加工はムリなので磨けるところだけは磨こうと思い、とりあえずエンジンのヘッドカバーを磨くことにした。よくわからないが材質はステンレス? 耐熱コートがされているようだがサビている。ボルト2本で固定されたカバーは4個あるが思ったよりも簡単にはずせた
DSCN1545.jpg DSCN1546.jpg

 このやり方がいいのか悪いのかはわからないが、ヒマを見ては磨いた。ひたすら磨いた。ヒマなときはプラモデルを作ろうと思っていたのだが、そっちはまだ手つかず
DSCN1552.jpg DSCN1563.jpg
 1個だけサビを落とした状態で比較。そして、コツコツと磨き、とりあえず4個ともサビ落としは終了
 カバーはなくても走れるので、今シーズンはこのままでカバーは家で磨き、はずせないステンレスの部分は車庫で徐々に磨いていこうと思う。メッキの部分はメッキ用のポリッシュも買ったのでそれで…。
スポンサーサイト
コメント
よっ!
バイクおやじ(笑)

しこしこ磨き頑張ってくだされ。
【2009/09/30 10:49】 | Ai #ZOuz2cjg | [edit]
40年前の楽器磨きが懐かしいです。でも、真鍮は手で触るとすぐくもりました。ステンはどうなんでしょう?
【2009/09/30 20:36】 | とんそく1956 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ikantyo.blog63.fc2.com/tb.php/65-53913a51

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫