鎮魂の日 3.11・・・七回忌

 2017-03-11
 東日本大震災から6年が経ち、7年目に入る今日。被害に遭われた皆様や、大切な家族や友人・仲間を失われた方々に心よりお見舞い申し上げ、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。


 今年もこの日が近づいてきたら報道やTVの特別番組も増えていた。6年経ってもいろんな困難や苦悩を抱えている方々のこともあるが、相変わらずきれいな部分だけの報道が多いと感じているので、自分が去年見たり聞いたりしてきたことを自分目線で偉そうなことを書いてみる。詳しい実情は知らないし、何もやってないし、何もできないくせに。。。

 去年、最初に太平洋ツーに出かけたのは6月末に福島県へ。一昨年の9月以来だった。3泊4日で内陸側を回ってから、最終日に浜通りの南相馬市に向かった。
DSCN2573_20170306161049770.jpg
DSCN2575_20170306161050b6a.jpg
 福島市から南相馬市に向かう途中いつも通る県道12号沿いの飯舘村。居住制限区域になっているが、日中は帰宅できるはずなのに何回通っても人を見かけることがない町中。居住制限が3月31日で解除されるそうだが、帰宅したとしても除染廃棄物が入ったフレコンバックを見ながら生活しなければならないのだろうか?


 南相馬市の北泉海岸の防潮堤。初めて来たときはバイクで上がることができたが、上がれなくなっていた。いくらか嵩上げされたのだろう。
DSCN2597.jpg
DSCN2598_20170306161053fea.jpg

 海沿いには所々に盛土工事が見える。
DSCN2606.jpg

 相馬市の松川浦にも行きたかったが、国道6号から入る交差点を通り過ぎてしまい、ここは次回と言うことにし、新地町の防災緑地工事現場と、役場前に仮設されている復興フラッグに寄ってみた。
DSCN2625_201703061611198fc.jpg
DSCN2627_201703061611207fc.jpg

 6号を北上し宮城県に入ると、津波で流されたJR常磐線が1kmほど内陸に高架橋となって移設されたものが見える。新地町の高架橋は遠くから見えるが、ここでは国道の近くでも高架橋を見ることができる。
DSCN2635.jpg




 8月。山形県長井市のイベントに行った帰りに、これまで通ったことがなかった国道113号を東に進み宮城県入り。名取市の閖上地区と、仙台市の若林区荒浜地区へ。6月にも近くを通ったが、帰りが遅くなるため寄れなかった。
DSCN2776.jpg
DSCN2777.jpg
 閖上には新しい防潮堤が見え、建物も建っていた。

 荒浜にも新しい防潮堤ができていたが、堤内地の宅地だったところはほとんど変わっていない。
DSCN2803_20170306161650a42.jpg
DSCN2804_20170306161652e1e.jpg
DSCN2807_201703061616534bf.jpg
DSCN2808_201703061616556d1.jpg




 岩手県の三陸に行ってなかったので、9月に日帰りで列島横断。まず大船渡市。一昨年一泊で行ったときは区画整理の工事が行われていたが、その中を通るJR大船渡線は鉄道でなくバス専用レーンのBRT。そのとき泊まったホテルの周辺は部分的に区画整理が進んでいて少し迷った。まだ工事に着手していないところが混在している。
IMG_7412_20170306161656123.jpg
IMG_7416_2017030616172563d.jpg
IMG_7424.jpg
IMG_7426_201703061617285be.jpg

 そこから陸前高田市に向かう途中の海沿いは高い防潮堤の工事中。岩手県はここより北の方に行くともっと高い防潮堤が建設されている。
IMG_7436_201703061617305d4.jpg
IMG_7456_20170306161731fe1.jpg
IMG_7460.jpg

 その後、陸前高田市へ。工事中の国道45号付近で何回も迂回させられた。高田の松原があったところも防潮堤の工事中。宅地だったところは盛土され、その上で工事が行われていた。区画整理だろうか? 防潮堤は今年になってほぼ完成したことを新聞報道で知った。
IMG_7461_20170306161804093.jpg
IMG_7474_20170306161805e90.jpg
 陸前高田市と大船渡市は、震災前の2010年にバイクでは初めて列島横断して行った所だし、距離的にも近いので、自分の中では思い入れが強い。




 10月。福島市で開催されたバイクイベントに行くため宮城県から回り、常磐道の山元ICで下りて国道6号沿いにできたJR常磐線の高架橋の近くまで行ってみた。看板にあるとおり去年の12月10日に一部区間が開通し、現在は東日本大震災と福島第一原発の事故により不通となっている区間(原発付近)を残して開通している。
IMG_7595_2017030616180769c.jpg
IMG_7597_2017030616180827d.jpg

 新地町役場前の復興フラッグにまた立ち寄り、
IMG_7600_201703061619220a6.jpg
IMG_7610_20170306161923d44.jpg
IMG_7628_2017030616192586c.jpg
 浜の方に向かうと開通を待つJR常磐線が完成していた。向こうに再建された新地駅があるのだが、この時は寄らなかった。12月10日の開通時には大きなイベントが開催された様子をニュースで見たし、駅のあたりには行ったことがないので、今度は駅にも寄ってみようと思う。
IMG_7629_2017030616192638e.jpg
 そのまま浜方面に行って相馬市の松川浦に行きたかったが、工事車両が多くてまた断念。6号に戻って南相馬市から件の県道12号を福島市に向かった。



 以上が昨シーズンのツーリングで見てきた太平洋側のほんの一部の様子だが、画像から最低半年は経っているので工事はさらに進んでいるだろう。でも、自分が見ているのはハード面のインフラ整備だけ。人との関わりは少なからずあっても入り込めない部分。よくわからないことだし地域差もあるので、何もやっていないとは決して言わないが、ソフト面をもっと充実しないと復興を遂げるにはまだ相当な年月がかかるだろう。

 未だに仮設住宅での生活を余儀なくされている世帯は、福島県をはじめとして3万世帯を越えているそうだ。岩手県、宮城県は住宅再建で仮設からの退去が進んでいるが、福島県は原発事故の影響で先行きが見通せずにいると聞いた。ほかの地域や他県に移住、避難している世帯を含めると、ふるさとに帰れない人がどれくらいいるのか想像もつかない。

 風化という言葉もよく耳にするようになったが、絶対に風化させてはいけない。自分は今年もできるだけ太平洋側に行き、見聞きしたことを微力ながらも発信できればと思っている。




 去年は4月に熊本県、大分県で大きな地震が相次ぎ、建物の倒壊、それに伴う人的被害もあり大惨事になった。自分ができる範囲で調べてみると倒壊した建物は未だにそのままのところがあったり、東北と同様にあまり報道されなくなったが、復旧、復興は進んでいない。

 そして、8月には台風10号。南の海上で何日も迷走した後、8月末に大雨を引き連れて岩手県大船渡市付近に上陸し、震災時の津波で甚大な被害があった岩泉町で今度は河川の洪水により再び人的被害が出るというこれも大惨事になった。

 北海道には異例の3つの台風が上陸し大被害をもたらし、鳥取地震、阿蘇山の噴火、各地の大雨洪水に加え、新潟県糸魚川市の大火などいろんな災害があったように思う。

 あらためて、被害に遭われた皆様にはお見舞いを申し上げ、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。



↓よかったらランキングバナーをポチッとお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ 復興の狼煙 がんばろうニッポン

スポンサーサイト
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL:

http://ikantyo.blog63.fc2.com/tb.php/777-fb89cec2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫